「ペインクリニック」とは、なじみのない言葉かもしれませんが、いわゆる痛みのクリニックのことです。皆様が、経験される肩こり、四十肩、五十肩、腰痛、ひざの痛みからひいてはガンの痛みまでのあらゆる痛みに対し取り組み疼痛緩和を図るのが主な役割です。ペインクリニックの中心となる治療法は、神経ブロック療法です。その中でも代表的なブロックは、星状神経節ブロックと硬膜外ブロックです。前者は、頸から上に生じる痛み、違和感に対し行われるもので対象疾患として筋緊張性頭痛、頸肩腕痛、鼻アレルギー、顔面神経麻痺、帯状疱疹などがあります。後者は頸から下の症状に対し行われます。主なものとして椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、レイノー病、変形性脊椎症に伴う腰痛・冷感などが挙げられます。簡単に言いかえると、神経ブロック療法は痛みの悪循環を断ち切るということです。
Copyright Fujigaoka Hospital All Rights Reserved.